IZUMIを超えるコスパ? ドンキのアクアブレード3Dクアッドを実機レビュー

シェーバーがなぜか急に部屋からなくなった笑(後日見つかる)

そこで、今回急遽ドンキのアクアブレード3Dクアッドを購入することになったので実機レビューします。

ドンキのアクアブレード3Dクアッドの中身

アクアブレード3Dクアッドの中身はこんな感じです。

  • シェーバー本体
  • 収納ケース
  • キャップ
  • 充電用ACアダプター
  • 充電スタンド
  • 掃除用ブラシ

アクアブレード3Dクアッドの基本スペック

アクアブレード3Dクアッドの基本スペックはこんな感じです。

  • 4枚刃
  • 密着3Dヘッド
  • 高速リニアモーター(13000ストローク/min)
  • 液晶ディスプレイ
  • IPX6相当の防水
  • フル充電で15日間使用可能(1日1回3分の利用で)
  • 国内・海外両用

アクアブレード3Dクアッドの良いところ

コスパがかなりいい

アクアブレード3Dクアッドの良いところは何といってもコスパ!

4枚刃、3D密着ヘッド、リニアモーター、液晶ディスプレイ付きで税込6458円

安すぎ(笑)

6500円であればブラウンではシリーズ3の3枚刃のシェーバーしか買うことができません。

それに比べて、ドンキのアクアブレード3Dクアッドはこれだけの機能があってこの値段です。

おそらく現在発売されている4枚刃のシェーバーの中では一番のコスパだと思います。

3Dヘッドで剃り心地はかなりいい

今回初めて3D密着型のシェーバーを買いましたが、今まで使っていたものより、かなり剃り心地がいいです。

肌に軽く当てれば、うまく密着して剃ってくれるので髭剃りも前より楽に感じます。

また、うまく密着して剃れているせいか、前より肌を切ることもなくなりました

4枚刃と高速リニアモーターで深剃りできる

やはりシェーバーで大事なのが、深剃りできるか。

アクアブレード3Dクアッドでは3D密着ヘッド、4枚刃、リニアモーター搭載なのでよく剃れます。

個人的な感想ではブラウンのシリーズ3やIZUMIの4枚刃のシェーバーよりよく剃れます。

デザインがかっこよく持ちやすい

写真を見てもらえば分かりますが、デザインが大手メーカーの1万円以上するモデルと比べても遜色ありません。

また、グリップ性能に関しても滑りにくく持ちやすいです。

バッテリー残量が一目で分かる

シェーバーを使っていてバッテリーの残量が一目で分かるのはやっぱ便利!

アクアブレード3Dクアッドの液晶ではバッテリー残量だけでなく、何秒剃ったのかも分かるようになっています。

お風呂でも使える

この辺は今のシェーバーでは当たり前ですが、お風呂でもちゃんと使えます。

防水性能はIPX6相当です。

収納ケースも付くので外泊時にも便利

この手の安いシェーバーにはキャップだけが付いており、収納ケースが付いていないことはよくあります。

アクアブレード3Dクアッドには上の収納ケースがついているので出張など外泊するときに便利です。

アクアブレード3Dクアッドのイマイチなところ

充電スタンドがちゃっちい

まずアクアブレード3Dクアッドのイマイチな点は充電スタンドがちゃっちいことです。

この充電スタンドはほんとイマイチで、置いたときのバランスは悪いは、しっくりシェーバーがはまらないのでなんだか心もとないです。

アクアブレード3Dクアッドは普通にコードに直接つないで充電した方がいいです。

替刃がない?

購入時に替刃も探しましたが、ありませんでした。

また、HP上でも替刃に関して記載していないため、もしかしたら現段階では替刃はないかもしれません。

※この件に関してはドンキ側に確認中です。

耐久性は未知数

僕もまだ買ってから3週間くらいなので耐久性に関してはまだ分かりません。

今後使っていて、壊れたとか、調子が悪くなってきたなどがありましたら追記します。

まとめ

今回の記事ではドンキのアクアブレード3Dクアッドをレビューしました。

まとめると

【良いところ】

  • コスパがいい
  • 剃り心地がいい
  • 深剃りできる
  • デザインがかっこよく持ちやすい
  • バッテリー残量が一目で分かる
  • お風呂で使える
  • 外泊時に収納ケースが便利

【イマイチなところ】

  • 充電スタンドがちゃっちい
  • 替刃がない?
  • 耐久性が未知数

ドンキのアクアブレード3Dクアッドは間違いなく現在ある4枚刃のシェーバーの中ではコスパが一番だと思います。

気になった方はぜひお近くのドンキで買ってみてください。

スポンサーリンク