【メリット大】Nifmo(ニフモ)歴19ヶ月の僕がUQモバイルに乗り換えた4つの理由

この記事ではニフモ歴19ヶ月の僕がつい最近UQモバイルに乗り換えた4つの理由を紹介しています。

結論から言うとニフモと契約するよりUQモバイルと契約した方がメリットが大きく満足しています。

それでは、これから一つずつニフモと比較したUQモバイルのメリット見ていきましょう。

月額無料の公衆無線LANがPCでも使える

正直これが一番の理由!

ニフモでもNifmoコネクトというアプリを使えば、全国の公衆無線LAN BBモバイルポイントが無料で使える。

ただし、スマホのみ

そのため、マクドナルドなどの外出先でノートPCを使ってブログを書くことが多い僕は別途でYahoo!無線LANスポットに契約し、月額500円を払っていた。

しかし、UQモバイルのWi2 300 for UQmobileという月額無料オプションではスマホからだけでなく、ノートPCやタブレットでも使える!

ちなみにこの記事もWi2 300 for UQmobileを利用してマクドナルドで書いている。

僕のように家にはネット回線を引いているし、外出先ではポケットWifiを契約するほどネットを使うわけではない人にとっては最高のサービスであることに間違いない。

通信速度が格安SIMの中でも群を抜いて速い

数々の格安SIM比較サイトがあるが、その多くのサイトでUQモバイルの速度が速い事は紹介されていて僕も気になってはいた。

僕自身、格安SIMなんてこんもんだろうと思って、ニフモの通信速度にそこまで不満はなかった。

ただ、これは格安SIMの宿命ともいうべきかもしれないが、ニフモも他のドコモ系格安SIM会社同様に昼休みの時間帯、帰宅ラッシュ時の午後6時くらいの速度は遅い!

この時間帯は日によってはネットに繋がらないときがある。

※ちなみにそれ以外の時間帯はネット閲覧に困らない速度は出ている。

今回UQモバイルではこの昼休みの時間帯と帰宅ラッシュ時の時間帯の通信速度向上も期待して乗り換えた。

実際に使ってみて感じるのは、通信速度に関しては

ニフモよりUQモバイルの方が絶対速い!

実際に数値を計測して確認したわけではないが、明らかに速い事は使っていれば感じることができる。

特にニフモと比べてUQモバイルが速いと感じるのは、昼休みや帰宅ラッシュ時の時間帯だけでなく、アプリのダウンロードでも感じられた。

まだ、UQモバイルを使って日は浅いが、通信速度に関してはニフモより満足度が断然高い。

3GBプランなら実質的に速度制限がない

プラン名 速度制限

ニフモ

3GBプラン(音声通話付き)

1日で650MBを超えた場合

UQモバイル

データ高速+音声通話(月間3GB)

3日で3GBを超えた場合

僕が前に契約していたニフモの3GBのプランは1日あたり650MBを超えると速度制限がかかっていた。

特にテザリングしてノートPCで色々作業しなければならない状況では650MBなんてすぐに超えてしまう。

ニフモでは650MBを超えると速度制限が必ずかかり、正直スマホが使い物にならない。

一方でUQモバイルは3日間で3GBを超えた時点で速度制限がかかる。

僕のUQモバイルのプランはデータ高速+通話プランで月間データ容量が3GBに設定されているため、この範囲内で収まるのなら実質的に速度制限はない

データチャージが安い

格安SIM会社 データチャージ

ニフモ

500MB 900円

UQモバイル

100MB 200円

500MB 500円

僕の場合、普段は毎月のデータ量が3GBで間に合う。

しかし、たまにテザリング等を頻繁に使い、3GBで収まらない時はデータチャージをするが、ニフモはデータチャージが高い!

同じ500MBで比べた場合、UQモバイルの方が400円も安く経済的!

地味な点かもしれないが、格安SIMの3GBプランが1600円であることを考えると、たった500MBでプラン代金の半額以上の900円は高いと感じるはず。

まとめ

最後にニフモ歴19ヶ月の僕がUQモバイルに乗り換えて感じたメリットをまとめると

  • ノートPCやタブレットでも公衆無線 LANが無料で使える
  • 通信速度がニフモに比べて速い
  • 3GBプランなら実質的に速度制限がない
  • データチャージがニフモの半額以下

今までニフモを使っていた方、これから格安SIMに乗り換えを検討中の方はぜひこの記事を参考にしてください。

UQモバイル公式HPはこちら

スポンサーリンク

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です