【500円バック】使わないSuicaやPASMOの手数料無料の返却方法をご紹介

家に使っていないSuicaやPASMOはない?

みなさん家に使っていないSuicaやPASMOはありませんか?

もう忘れてしまった方が多いと思いますが、SuicaやPASMOを作った際デポジットとして500円払ったのを覚えているでしょうか?

実はその500円、カードを返却すれば戻ってくるんです!

500円あればスタバでコーヒー1杯くらいは飲めますね?

いらないSuicaやPASMOがあれば駅に行ったついでに返却しちゃいましょう。

ちなみに僕は前に作ったSuicaやPASMOが家にそれぞれ余っていたので、この間デポジットの500円を返してもらうために返却しに行きました。

Suicaの返却方法

suica
場所 JR駅みどりの窓口
持ち物 Suicaが無記名の場合は特になし

Suicaに名前が記載されている場合は本人確認書類(免許証など)

手数料 220円

まずSuicaの返却方法ですが、どこでもいいのでJR駅にある「みどりの窓口」に行く必要がある。

そして、着いたらSuicaを返却したいことを伝えれば駅員さんが手続きをしてくれる。

ちなみに手数料220円だが、JR東日本のHPにこう書いてある。

入金(チャージ)残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。

出典:http://www.jreast.co.jp/suica/procedure/repayment.html

気をつけてほしいのが、デポジットの500円から手数料は引かれないということだ

あくまで、チャージ残額から220円引かれるだけだ。

ここでこう疑問に思った人がいるだろう「じゃあチャージ金額が220円未満ならどうなのか?」

これについては僕の事例をご紹介しよう。

僕が返却しに行った時、チャージ残額は4円でした。

そこで手数料として取られたのはチャージ残額の4円だけでした。

つまりチャージ残額が220円未満の場合は、残ったチャージ残額が手数料として取られます。

【例】

チャージ残額が100円→100円手数料として取られる

チャージ残額が192円→192円手数料として取られる

チャージ残額が41円→41円手数料として取られる

ここで気づいた人もいるでしょう。

チャージ残額が0の場合は手数料が取られない!!

Suicaを返却する時はなるべく使い切ってから返却しましょう。

PASUMOの返却方法

pasmo03
場所 各私鉄の窓口
持ち物 PASMOが無記名の場合は特になし

PASMOに名前が記載されている場合は本人確認書類(免許証など)

手数料 0円

次にPASMOの返却ですが、これもSuicaと同じで、私鉄の窓口に行き、PASMOを返却したいことを伝えるだけです。

ちなみに手数料も無料なので、PASMOのチャージ残額+デポジット500円が返ってきます

最後に

僕もこの間、SuicaとPASMOの両方を返却して1080円返してもらいました。

そして、その1000円でSuicaにチャージしました。

たかが、1000円かもしれませんが、電車代で考えれば、結構乗れる距離です。

特段面倒くさい手続きもないので、いらないSuicaやPASMOがある人は駅に行ったついでに返却しちゃいましょう。

スポンサーリンク