バターより断然体にいい !?トランス脂肪酸を含まない油の王様ギー(Ghee)とは

油の王様ギー(Ghee)とは

インドなど南アジア諸国で古くから食用に使われていた乳脂肪製品でバターを熱し、ろ過したものです。

バターより長期保存が利き、代謝機能やホルモンバランスを整えるビタミンが豊富に含まれている他、アレルギーの心配がない、脂肪を分解してくれるなど多くのメリットがある。

また、2014年にはアメリカの自然療法協会が発表した体に良いアブラのNO.1に選ばれたことでも有名。

さらにギーは熱に強くトランス脂肪酸に変化しないアブラとして知られ、加熱調理に非常に向いているアブラだ。

オリーブオイルやごま油、亜麻仁油などは確かに体にいいが、熱に弱く、生で食べなければほとんど効果がない。また、これらの油も熱すると一部がトランス脂肪酸に変わってしまうため、正直加熱調理にはおすすめしない。

普段家で加熱調理をする際はサラダ油ではなく、ギーを使おう。

【ギーの効果・効能まとめ】

  • エネルギーとして燃焼されやすい
  • ダイエット効果
  • 免疫強化
  • 消化機能回復
  • 加熱してもトランス脂肪酸を発生しない etc‥

 

ギーを選ぶときはグラスフェッドのものを選べ

grass-fed-beef

グラスフェッドギーとは牧草を食べて育った牛の乳から作ったギーのことです。

なぜグラスフェッドが良いかというと、仮に牧草以外の飼料を食べている牛がいたとします。

その飼料が遺伝子組換えしていて、大量の農薬をかけて育った穀物だったらどうしますか?

その牛のミルクも人間の健康に害を及ぼす可能性がある物質が含まれているかもしれないのです。

例えば、昔流行ったBSE問題なんかも草食動物の牛に牛の肉骨分を食べさせたこと(要は共食い)が原因だとされています。

このように私たちが口にするものが何を食べて育ったのかは、私たち自身の健康にも大いに関係してくるのです。

また、グラスフェッドギーには人間が消費するのに理想的なオメガ3とオメガ6のバランスになっています。

このような理由から、油の王様であるギーもなるべくグラスフェッドの質の高いものを口にしたほうが良いのです。

次回予告:ギーは高い!? グラスフェッドギーを格安で買う方法とは

ただ、グラスフェッドのギーは基本的に値段が高い傾向にあります。しかし、実はあるサイトから購入すればグラスフェッドオーガニックギーを安く買うことができます。それでは次回の記事でそれについて教えたいと思います。

↓↓↓次回記事↓↓↓

値段高い!!(泣)グラスフェッドオーガニックギー(Ghee)を格安で買えちゃうサイトを紹介

スポンサーリンク